Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://xxpp.blog21.fc2.com/tb.php/26-3e1de10f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

推論

よく言われてるのが、外人が日本株を買うとともに円売りでヘッジしていると。
今回は、外人が日本株を利食いして、ヘッジで売ってた円を買い戻し、
それが急激な円高を引き起こしたと、そういう見方があります。
なんにせよ、円の独歩高なので、ドル側、ましてやユーロ側の要因ではありません。
クリスマス休暇やFOMCの結果を受けた動きかもしれませんが、
日本固有の要因であり、ポジション調整をしているんだろうなあと見てます。
先物の売買高がかなりの量に上っているという話もあります。
外人は現物より先物を先に売ってきますよね。

こんな急な巻き戻しが起きた要因について、推論を立ててみます。
基本的に、オイルマネーがつくった相場なのではないかと。
9月末、相場は急騰します。ラマダン入りを前にした駆け込みといわれてます。
その後調整し、再び上昇に転じます。
ラマダン明けを見越した買いという見方があります。
でも実際はオイルマネーは入ってこなかった。
原油価格は8月末にピークをつけて、下げつづけてますよね。

以上の流れを受け、米系資金は、オイルマネーを追うように日本株を買います。
オイルマネーが入る限り、上昇圧力がかかるということで買いであると。
しかし、原油価格は目先ピークアウトし、買い圧力はなくなったと。
そこで12月に一旦相場を加熱させておいて、そこで利食いに動いたと。

株価は、ファンダメンタルズでは説明できない水準に達したといわれています。
それでも買い圧力がある限り上昇を続けるわけですが、それも途絶えたと。
となると、相場を崩さないように売り抜けていくという判断になるはずです。
巨大なポジションを取っているわけですし、市場が加熱しているときが
絶好の売り抜けチャンスなわけです。

・・・という見方が出来ますが、実際はどのくらい持ち高を減らしてくるのか。
売りに転じるというよりは、ある程度利食いを進めてポジションを調整する、
という程度だと思いますが、どの程度なのかによりますよね。
今市場は強いですが、ポジション調整が早めに済めば、市場が冷えないうちに
売り圧力が消え、上に向かってしまうことも考えられます。
ただ、強力に売りこんでくるとなると、信用残がかさんできて、
下振れ圧力を抱えこむことになりますよね。

為替やその他連動する商品の動向をにらみながらという形になりそうです。
この辺の為替と株価の関係ってグローバルキャリートレードを思い出します。
あの頃は円→外債・外株でしたが、今回は日本株なんですよね。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://xxpp.blog21.fc2.com/tb.php/26-3e1de10f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

うめ

Author:うめ
FC2ブログへようこそ!

Powered By FC2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

Google

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。